和雑貨

「日本のいいもの、あつまるところ。」をキャッチフレーズに、灯台や蔵などをイメージした和雑貨ショップの複合商業施設「港の蔵(みなとのくら)」が7月17日、千葉県木更津市に新装オープンする。

「港の蔵」を運営するのは世界各国の民芸品等を扱う株式会社アミナコレクション(横浜市)。「木更津の活気」をテーマとして、和雑貨ショップ「倭物やカヤ」のほか、ストーン雑貨ショップ「岩座」、足湯を楽しめるカフェ「足湯喫茶 椿や」が並ぶ。

来場者には開運スポットである八剣八幡神社を紹介し、「木更津中心街に人を運ぶ、運をもたらす蔵」を目指すという同社。和雑貨ショップ「倭物やカヤ」に“日本のいいもの”を並べ、ストーン雑貨ショップ「岩座」を“日本古来の伝統的な文化や風習を見近に感じ知って頂ける新感覚のお店”と位置付け。施設全体が古き良き日本をモチーフとしている。

和雑貨ショップの複合商業施設って珍しいですね。でも、昔の雰囲気を楽しみながら買い物したりお茶したりできて、ゆったりとした時間を過ごせそうですよね。
こういう施設だったら、外国の人もきっと楽しめるだろうし、日本人としても和雑貨の魅力を再発見できて、一石二鳥ですね。
この施設で木更津も盛り上がりそうです。夏休みに行くのにちょうどいい施設ですね。