カーナビアプリ

スマートフォンをはじめとしたIT関連商品や技術が一堂に会した「Japan IT Week 春2015」で、カーナビアプリを紹介したのがヤフーだ。昨年7月末の発表以来、ダウンロード数が350万を超え、これから新たな展開をしていくという。

スマートフォンにインストールするだけでカーナビが無料で使えるということで、満足する人が多く、非常に好評です」と同社関係者。なにしろ、この「Yahoo! カーナビ」はVICSによる渋滞や交通規制情報を随時提供し、しかも自動的に渋滞回避ルートを案内するのだ。

そのほか、全国2万4000か所以上の駐車場の満車・空車情報、ガソリンスタンドの価格情報なども提供。もちろん地図情報についてもバッチリだ。「主要幹線道路については、新しい道路が開通すれば即日反映されます。細かい道路については半年に1回更新しています」と同社関係者は説明する。

そんなこともあって、ダウンロードする人が続出し、9か月間で350万を突破したわけだ。「今後は350万のユーザーと企業の橋渡しみたいなことをしていこうと考えています」と同社関係者。例えば、企業とタイアップして店舗情報やクーポンなどをカーナビに掲載し、来店を促す。あるいは、ユーザーの利用情報を活用して商圏を分析し、展開できていないエリアの出店計画や営業強化に役立てる。そのほかにもさまざまなことが考えられ、同社関係者も付帯ビジネスの広がりに大きな期待を寄せていた。

 

カーナビも価格が下がってきたとはいえ、やはり無料で使えるなら無料のほうがいいですよね。おまけに機能も充実しているようですね。ただ、スマホだとサイズが小さいのが難点かな、と思います。それでも350万ダウンロードされているから、やはり便利なんですね。今後の展開にも期待できそうですね。